これで理解できる!プロテインの種類とそれぞれの特徴

これで理解できる!プロテインの種類とそれぞれの特徴

これからダイエットをしようと思っているみなさん、「プロテイン」に対してどのようなイメージを持たれていますか?プロテインと聞くと真っ先に頭に浮かんでくるのが格闘選手やマッチョな男性ではないでしょうか。

確かにボディービルダーやラグビー、プロレスラーのように強度の運動をするアスリートにとって、プロテインは筋肉をサポートするために欠かせない栄養補助食品です。しかしここで知っておいてほしいのは、プロテインが適しているのは「マッチョで筋肉ムキムキの男性」だけではないということ。

実は女性や、ダイエットをしたいと思っている人にも最適な栄養素なのです。プロテインにはどのような種類・性質があるのかについて紹介します。

プロテインの役割とは

そもそもプロテインがどのような役割を果たしてくれるのかを知っていますか?プロテイン(protein)を訳すと「たんぱく質」という意味になります。たんぱく質は筋肉の維持・肥大をさせる働き、さらに運動後の疲労回復など、体作りには欠かせない大事な栄養素となります。

また筋肉だけでなく、髪や内臓など、体のおよそ2割はたんぱく質からできています。プロテインは体作りに欠かせないたんぱく質が、体内で足りない状態とならないように補う役割をもちます。

プロテインの種類と特徴について

一言でプロテインと言っても、原材料の違いなどからさまざまな種類があります。まずは一般的なプロテインの種類について3つ、簡単におさえておきましょう。

種類 特徴
ホエイプロテイン 牛乳から作られる動物性のたんぱく質(乳たんぱく中の20%)
 カゼインプロテイン 牛乳から作られる動物性のたんぱく質(乳たんぱく中の80%)
※牛乳に含まれるたんぱく質は20%のホエイと、80%ガゼインでできています。

どちらをメインの成分にするかで、プロテインの種類が変わってきます。

ソイプロテイン 大豆から作られる植物性のたんぱく質

 

 

ホエイプロテインの特徴はコレ!

ホエイプロテインの性質
原料 牛乳
長所 吸収が非常に早く、筋肉などの材料になりやすい
短所 効果の持続時間が短く、採りすぎると体脂肪になりやすい
こんな人に最適 激しい運動、筋肉を大きくさせるトレーニングをしている人

上記のとおり、吸収が非常に早いため運動による筋肉の分解や疲労を低減する効果が期待できます。

ただし、非常に早く体内へ栄養素が吸収されるため1度にたくさん摂りすぎるとエネルギーが余り、脂肪に変換されやすくなるためトレーニングの強度と合わせて飲むよう注意しましょう。

カゼインプロテインの特徴はコレ!

カゼインプロテインの性質
原料 牛乳
長所 長時間効果が持続しやすく、筋肉の分解をおさえる効果が高い
短所 吸収に時間がかかり、水に溶けにくい
こんな人に最適 ダイエット時、間食として。トレーニングを行わない日むけ

 

カゼインプロテインはホエイプロテインと比べると消化・吸収に時間がかかります。そのため運動直後には、素早く吸収されるホエイプロテインの方が向いていると言えます。

カゼインプロテインは、時間をかけてゆっくり吸収されるため、満腹感も得やすく間食でオヤツ変わりとなるほか、運動しない日の栄養補給にとダイエットをされる方にとって強い味方となってくれます。

 

ソイプロテインの特徴はコレ!

 

ソイプロテインの性質
原料 大豆
長所 長時間効果が持続しやすく、代謝を活発にする働きがある
短所 吸収に時間がかかり、飲みにくいものが多い
こんな人に最適 ダイエット時、間食として。健康志向の方

大豆たんぱくは、体内で分解・吸収されるのに時間が長くかかります。その分、体内でとどまってくれるため、吸収の早いホエイプロテインと比べると満腹感も得やすく、長い時間プロテインとしての効果を期待できると言えます。

また、大豆に含まれているイソフラボンやサニボンといった成分は、老化を防ぐ抗酸化作用やコレステロール低下作用、ホルモンバランスを調整する働きがあるとして、たんぱく質としての働き以外の部分でも健康に良い食品として注目を集め、とくに女性から人気が高いです。

 

まとめ

今回はプロテインの種類と、特徴について紹介してきました。しっかりとおさえられましたか?これからのダイエットに今回の内容を役立てていただけると嬉しいです。トレーニングの頻度や、強度、内容に合わせてプロテイン選んでくださいね。

About the Author

DIET MAGAZINE編集部
DIET MAGAZINE編集部
ダイエットを目指す方にむけて、ダイエットに関する情報を少し掘り下げてお届けしています。