ダイエット初心者にありがち!間違った方法4つ

ダイエット初心者にありがち!間違った方法4つ

「これからダイエットを始めてみよう」「最近ダイエットを始めた」そんな方に、今回紹介したい内容は、間違った内容でトレーニングに励んでも効果は出ないということ。

とくにこれまで運動経験がなかった方、体の仕組みに知識が浅い方は目を通しておくことをオススメします。せっかく時間を割いてダイエットに励むわけですから、間違いなく効果的を出していきたいですよね。

 

間違い1. プロの体型を目指す

「あんな体になりたい」、ダイエットを始める前に憧れの有名人やスポーツ選手の体を頭の中でイメージする人は多いでしょう。そしてその人の体になることを目指してトレーニングを開始する人も少なくありません。

しかしここで注意したいのが、いきなり体が仕上がっている有名人やスポーツ選手のような体型を目指さないということ。もちろん「あの有名人、スポーツ選手のような体になりたい」と頭の中でイメージをすることはOK。

ですが、すでにプロの体を手に入れている人は「何ヶ月・何年」と時間をかけて体を仕上げているもの。とくにこれまで運動経験が少ない人、体に関する知識が浅い人は、トレーニングをすればすぐに体が変化すると勘違いを起こしがちです。そのような勘違いをしていると、運動をしているのに「イメージしている体になれない!」と心が折れてダイエットを投げ出す可能性が出てきます。

まずはダイエット運動に慣れ、コツコツ続けることに慣れることを目標としましょう。

 

間違い2. 周囲にアドバイスを求め過ぎる

パーソナルトレーニングのように個々の体型・体質に合わせてダイエットのアドバイスをくれるところでは、どんどん専属のトレーナーにアドバイスを求めてOKですが、一般的なトレーニングジムなどで、スタッフ・周囲の人に「どのようなトレーニングが良いですか?」「痩せるのに効果的なサプリはないですか?」とアドバイスを求めるのは間違い。

先ほどの説明でもあったように、体格・体質は個々で全く異なるもの。一般ジムなどで「あれよ、これよ」とアドバイスをくれる人は、あなたの体の何を知っているのでしょうか?

参考程度に話を聞くのはいいですが、「この人のアドバイスを信じてやってみる」といったような鵜呑みはやめましょう。とくにダイエット初心者にありがちな間違いの1つです。

 

間違い3. とにかく体を追い込む

トレーニングジムなどで運動初心者を見ていると、とにかく高負荷の重りをガンガン、回数をこなしているのが特徴。また休息日を設けず、昨日トレーニングをした箇所(例えば胸)を次の日も同じように鍛えるといったこともしがち。

ただしこれは大きな間違いです。いくら高負荷の重りを挙げたところで、フォームバランスを崩しながら挙げたところで効果は期待できません。それであれば、低負荷の重りでも正しいフォームで行う方がよっぽど効果的であると言えます。

また筋トレを行ったあとは筋繊維が成長するために、2日程度(約48時間)は休息日を設けてあげるのが良いと一般的に言われています。ですから毎日同じ箇所を鍛えるといった運動はしないようにしましょう。昨日は「下半身」のトレーニングを行ったから今日は「上半身」と分けて行うなど休息日の調整をしっかり行いましょう。

間違い4. サプリメントに頼り過ぎる

「体に筋肉がついて格好いい人」「無駄な贅肉がなくスリムな人」はプロテインや脂肪を燃焼させるサプリメントを摂っているから、自分も飲めば理想の体が手に入る。そう思い、サプリに頼るダイエット初心者は多くいます。

サプリメントは本来、食事の不足を補い、トレーニングの効果を上げることが目的です。正しい食事・トレーニングの代用とすべきものではありません。ダイエットを始めたばかりの頃は、正しい食生活と定期的なトレーニングをすれば効果は現れてきます。まずは、サプリメントに頼らず正しく食事を取りながらトレーニングをコツコツ続けることを目指しましょう。

 

まとめ

ここまでで、ダイエット初心者にありがちな間違った方法を4つ紹介してきました。「あんな体になりたい」とダイエット・運動を始めるのは素晴らしいことです。今回紹介した間違った方法をしないようにして、効果的に理想の体型に近づけるようがんばりましょう。

About the Author

DIET MAGAZINE編集部
DIET MAGAZINE編集部
ダイエットを目指す方にむけて、ダイエットに関する情報を少し掘り下げてお届けしています。